溝ノ口洞穴【県指定文化財】

印刷する

霧島山系の湧き水が侵食し、数千年の長い年月をかけて作られたといわれる洞穴は、横13.8m、高さ8.6mあり全長224mまで探検隊の調査により確認されています。

内部の一番広い部分は幅が約40mで,天井部はアーチ型になっています。

洞穴は,約25,000年前に姶良カルデラから噴出した大隅降下軽石層と,シラス(入戸火砕流堆積物)の溶結した溶結凝灰岩の中に形成されており,雨水がシラスや軽石を外に運び去って,徐々に空洞が拡大されてできたものです。

また,洞穴内には縄文時代人の生活跡もあり,当時の生活を知る上でも重要です。

昭和30年に県の天然記念物に指定されました。最近は、パワースポットとして注目を集めています。

毎年4月8日のお釈迦様の誕生日に近い日曜日に「溝ノ口岩穴祭り」が開催されています。

LINEで送る
Share on Facebook
はてなブックマーク - 溝ノ口洞穴【県指定文化財】

所在地鹿児島県曽於市財部町下財部4907付近(入口から奥へ約1300m)
間違いを報告する

一覧へ戻る

フェイスブックにコメントする

アクセス数 28627 回

「そおなび」が2012年鹿児島ホームページ大賞最優秀賞を受賞しました!

奇習鬼追い

住吉神社・流鏑馬開催11月23日

おすすめウォーキングコース12選

曽於市認定ブランド

SWEETS特集

伝統の祭り

神社仏閣めぐり

うまっ

曽於を思いっきり!楽しむ 四季のおすすめコース

絶景。夕日、夜景スポット

温泉、行く?

曽於を食べつくそお。

とっておきドライブコース

ジオパーク