39入角の田の神【市指定文化財】

印刷する

1765年の刻銘がある。

田之神は豊作を願ってつくられた人間臭い神様で、水田稲作の稔りを預り開田の記念像でもあります。18世紀初めのものが最古です。 田の神おつとい、田之神講、田の神舞などは、「タノカンサァ」にまつわる民俗行事です。田之神は薩摩独特のもので武士型、農民の踊り型、僧侶型に大別さ れ、この田の神は、右手に杓子、左手に椀を持つ笠冠り布衣踊型に分類され、背面に「明治二年(1765)酉三月中内村入角内之牧長左」と銘が刻まれていま す。

■入角の水神
入角の田之神の近くには、飲料水・灌漑用水などをつかさどる神様があります。

LINEで送る
Share on Facebook
はてなブックマーク - 39入角の田の神【市指定文化財】

間違いを報告する 一覧へ戻る

フェイスブックにコメントする

アクセス数 177 回

「そおなび」が2012年鹿児島ホームページ大賞最優秀賞を受賞しました!

奇習鬼追い

住吉神社・流鏑馬開催11月23日

おすすめウォーキングコース12選

曽於市認定ブランド

SWEETS特集

伝統の祭り

神社仏閣めぐり

うまっ

曽於を思いっきり!楽しむ 四季のおすすめコース

絶景。夕日、夜景スポット

温泉、行く?

曽於を食べつくそお。

とっておきドライブコース

ジオパーク