» 大隅

大隅

大隅酒造株式会社

2024年06月06日

【大隅酒造のものづくり】 わたしたち大隅酒造がつづけているのは、地元大隅で愛されながら、世界中の人々にもよろこんでもらえる蒸溜酒をつくること。そのために、昔ながらの伝統的な製法をベースに新たなおいしさをつくり出すための革 …

続きを読む

弥五郎どん祭り(毎年11月3日)

2023年10月31日

毎年11月3日、900年以上の伝統を持つ「県下三大祭り」の一つ「弥五郎どん祭り」が行われます。 弥五郎どんは、身の丈4m85cmの大男で、25反もの梅染めの衣を身に纏っています。 祭りの見ところは何といっても、岩川八幡神 …

続きを読む

太政官高札

2021年04月13日

  明治初期に発せられた太政官布告の高札で、2枚とも恒吉郷に立てられていたものです。 1枚目の高札は『五榜の掲示・第四札』(写真左)です。五榜の掲示とは、明治元年(1868)に明治新政府が民衆に対して守るべき事項を発した …

続きを読む

月野村非常日誌

2021年04月13日

志布志郷月野村事務扱所出張による西南戦争時の記録日誌です。 始めに日誌は、5月5日から7月3日まで、西郷軍(私学校軍)からの依頼が記されています。 内容は、戦傷病者送りなどの駕篭や馬の割り当てが連日のように記されており、 …

続きを読む

刀 銘 康綱

2021年04月13日

寛文2年(1662)11月に、当時の恒吉地頭伊東祐知が投谷八幡宮に寄進した刀です。 刃長2尺3寸(69センチメートル)、身幅3.2センチメートル、反り2.7センチメートル。 表銘「寛文二年十一月吉日康綱」、裏銘「奉寄進投 …

続きを読む

投谷八幡宮の王子神幸

2021年04月13日

投谷八幡宮に伝わる仮面で「王子面」と呼ばれています。 木製で6面あり、うち5面は弘治2年(1556)年の作となります。 作者は立本藤兵衛。面の表は金泥で彩色され、眉・髭等を墨で描いています。裏には墨書で、製作年の弘治2年 …

続きを読む

折田のスダジイ群

2021年04月13日

スダジイは、ブナ科シイ属の常緑広葉樹で、別名イタジイとも呼ばれます。 秋に長さ1~1.5センチメートルの堅果が実ります。このどんぐりは「シイの実」と呼ばれ、生でも食べられます。 同属のツブラジイ(別名コジイ)に比べて堅果 …

続きを読む

投谷八幡宮の王子神幸

2021年04月13日

投谷八幡宮の10月の例祭として王子神幸祭が行われています。 4鉾と6王子が二手に分かれて御旅所へ行きますが、これは「弥五郎どんの浜下り」より古い形であると考えられています。 御旅所は伊屋松(石鍵柄王投谷八幡宮の10月の例 …

続きを読む

恒吉城跡

2021年04月13日

恒吉城跡は、大隅町恒吉の麓にある中世の山城で築城年代は不明です。 城内は日輪城、東高城・西高城からなり、それぞれ大きな空堀で仕切られています。 日輪城跡は、他の二つの城郭と比較すると、周囲が絶壁で囲まれており、全体の郡郭 …

続きを読む

トップへ戻る