» 末吉

末吉

大蔵寺の木造阿弥陀如来立像

2021年04月13日

末吉の大蔵寺にある阿弥陀如来像は、高さ62センチメートルのヒノキ材一木造りです。 室町時代前期頃の制作と考えられます。 厨子天板の銘記によると、嘉吉2(1442)年に日向国南那珂郡東郷村の年澄大蔵は戦に破れ、本願寺七世存 …

続きを読む

虎丸の木造薬師如来立像

2021年04月13日

  虎丸の木像薬師如来立像は、かつては末吉町岩﨑虎丸の薬師堂と呼ばれる小さなお堂で祀られていた室町時代後期制作の仏像です。 高さは69センチメートル、ヒノキ材一木造りで、素朴で大振りな面立ちと、どっしりとした量感が見られ …

続きを読む

宮之迫遺跡出土の土器群

2021年04月13日

宮之迫遺跡は、末吉町南之郷富田の北側の台地に位置します。 昭和55年県営特殊農地保全整備事業に伴う発掘調査が実施され、縄文時代中期から後期にかけての大量の土器が出土しました。 土器は太型凹線文を器面に広く施しています。 …

続きを読む

新地通りのちんぼちんぼ焚っ

2021年04月13日

毎年、8月7日(七夕)から13日にかけて毎晩(おおよそ7時半~8時半)行われている迎火です。 元々は軽石製の台を使用していましたが、現在はフライパンや鍋を使用している家が多くなっています。 真っ直ぐな一本道(新地通り)に …

続きを読む

東部公民館鎌踊り

2021年04月13日

元々鎌踊りは、文久3(1863)年の薩英戦争の頃、武士だけでは兵力不足ということで、農民にも武芸を教えようとしましたが、本物の武道はよくないからと、踊りによって意気を鼓舞しようとしたのが始まりといいます。 末吉町東部公民 …

続きを読む

世貫神社の御田植祭

2021年04月13日

岩﨑宮原に鎮座する世貫神社では、毎年3月26日に、春の祈年祭である御田植祭が行われています。 御田植祭は、稲作の耕作の過程を歌としぐさで表現するもので、神牛(模擬牛)も登場する、豊年予祝の行事です。 祭りは、最初に神社の …

続きを読む

住吉神社神王面

2021年04月13日

住吉神社の神王面は、大飛出面(黄色の面)と大べし見面(紅色の面)の2面があり、寛保2(1742)年に出目満如(でめまんにょ)(俗名:鳥居平右衛門)が作ったものです。 出目は薩摩出身で、江戸の面打師出目栄満の門人でした。 …

続きを読む

大蔵寺の木造阿弥陀如来立像

2021年04月13日

末吉の大蔵寺にある阿弥陀如来像は、高さ62センチメートルのヒノキ材一木造りで、恵心僧都の作とも言われています。 室町時代前期頃の制作と考えられます。 像容は、円満な面相で、衣褶は概念的な彫出であり、中世後半の造形形式を見 …

続きを読む

久保のもぐらうっ

2021年04月13日

末吉町南之郷の久保地区には、もぐらうっが残っています。 これは、もぐらが農作物を掘り返して荒らさぬように叩きつける行事です。 かつては、市内の至るところで行われていましたが、現在残っているのはここのみです。 近年、1月1 …

続きを読む

早馬神社の杜

2021年04月13日

檍の交差点から坂元へ向かう途中に、こんもりと繁る杜がありますが、これが、早馬神社の杜です。 ここには天智天皇の愛馬にまつわる伝説があり、また藩政時代には牧場の中心的存在になっていたところともいわれています。 神社境内には …

続きを読む

1 2 3 4 5 6 10
トップへ戻る