» 財部

財部

平田三五郎と宮内式部の墓

2021年04月13日

 島津家臣の平田三五郎宗次は、相当の美少年であったといい、吉田大蔵清家と義兄弟の契りを結び、慶長4年(1599)の庄内の乱(庄内合戦)で、先に討死した大蔵に殉じました。 享年15歳といいます。 三五郎のこの行動に島津家の …

続きを読む

大川原の田之神

2021年04月13日

財部北地区公民館の敷地内にあり、高さは62センチメートル、台石を加えると103センチメートルあり、右手にメシゲ、左手に椀を持つ農民の姿をした像です。 安永9(1780)年9月の建立で、前年11月には桜島が大噴火し、その後 …

続きを読む

七村のイヌマキ・エノキ群

2021年04月13日

前村門跡のイヌマキの前と、上鶴門跡の奥のエノキの前には社があります。これらは門の守り神です。 また上鶴の社のすぐ近くには大きなイヌマキが2本あります。 今もそれぞれの門の守り神は、同族合い寄って毎年神祭りをしていますが、 …

続きを読む

川内の石塔群

2021年04月13日

下財部川内の集落内には、五倫等や層塔、板碑、残決が残ります。 五輪塔のうち、最大のものは空輪が欠如していますが、地上から風輪までの高さは140センチメートルあり、各輪の四方に梵字を刻出しています。 他の五輪塔に梵字はあり …

続きを読む

通山の六地蔵塔

2021年04月13日

財部町南俣通山の六地蔵塔は、明暦元(1655)年に庚申衆により造られたものですが、龕部全面に種子が刻されています。 市内では唯一の例で、たいへん貴重なものです。 一般的な六地蔵像と種子だけの六地蔵との中間にある棚木の六地 …

続きを読む

棚木の六地蔵塔

2021年04月13日

財部町南俣棚木の阿弥陀堂の敷地内にあります。 享保10(1725)年の文字が見られ、湯浅氏と末次氏による先祖供養のための六地蔵といわれています。 一般的に龕部には地蔵の像が刻まれていますが、ここのは一面だけ地蔵で、残りの …

続きを読む

澤田神社の面

2021年04月13日

澤田神社は下財部澤田に鎮座し、ここに奉納面3面(宝徳3年面・永正10年白面・年代不詳赤面)と、神舞面4面(宝永8年赤面・宝永8年青面・年代不詳白面・年代不詳黒面)が残されています。 奉納面のうち、宝徳3年(1451)の面 …

続きを読む

龍虎城跡

2021年04月13日

龍虎城は財部六郎正信によって築城されました。 城は、12の砦から成り、その形はあたかも虎が伏し、龍がひるがえっている姿に似ていることから龍虎城と命名されたといわれています。 ほかに、財部城とも北俣城とも呼ばれています。 …

続きを読む

日光神線山桜

2021年04月13日

城山公園となっている龍虎城跡から日光神社へ向かう通りにあります。 ここは日光神線と呼ばれていますが、大正末期、在郷軍人と日光地区の人々が山桜を植樹し、桜並木となり今に残されています。 約1キロメートルに渡り100本ほどの …

続きを読む

中谷地区の奴踊り

2021年04月13日

奴踊りの起源ははっきりとしていませんが、中谷では溝ノ口洞穴の岩穴祭り(お釈迦様の誕生日の毎年4月8日に近い日曜日)に踊られています。 踊り手・太鼓・三味線・拍子木・唄い手から構成され、踊り手は、鼻筋を真っ白に塗り、頭にハ …

続きを読む

トップへ戻る